坐骨神経痛について


「どんな姿勢をしていても腰が痛い!!」
「気がついたら腰痛だけでなく、お尻や太ももまで痛くなってしまった・・・」
「足がしびれたり、感覚が鈍くなってきたりしていて、この先が不安」

上記のような異変に悩む方が病院で診断される症状の1つが坐骨神経痛

痛み止めがなかなか効かなかったり、病院の治療で効果を感じなかったりと、不安な気持ちの方が多いのではないでしょうか。

坐骨神経痛は、他の症状と比べてもとにかく痛みが強くなることが多いです。
夜も眠れず、仕事を辞めてまで病院に通院する方もいるほど、辛い症状なのです。

病院や整体では坐骨神経痛がなかなか改善しない理由や、当院の施術についてご紹介していきます。

坐骨神経痛が改善しにくい理由

坐骨神経痛とは、腰やお尻、太もも、ふくらはぎなど、下半身に痛みやしびれをもたらす症状のこと。
腰から足にかけて伸びる「坐骨神経」になんらかの刺激が加わることによって、痛み・しびれが発生します。

坐骨神経痛は、大きく3つの種類に分かれます。

  1. 腰椎椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛
  2. 梨状筋症候群による坐骨神経痛
  3. 脊柱管狭窄症による坐骨神経痛

このように一言で坐骨神経痛と言っても、その原因は様々。

そして、その様々な原因の中から、
「なぜヘルニアが坐骨神経痛につながっているのか」
「なぜ梨状筋が硬くなってしまっているのか」
などのより根本にある要因を考えていかなければならないのです。

つまり、坐骨神経痛がなかなか改善しなかったのは、本当の原因が見つかりにくいからです。
坐骨神経痛、という表面的な症状をなんとかしようとしても、本当の原因が解決しない限り、痛みを繰り返してしまうのです。

坐骨神経痛の痛みやシビレを引き起こす本当の原因

では、坐骨神経痛を引き起こす本当の原因はなにか?
そもそもどうして坐骨神経痛を引き起こしてしまうのか?

その原因は「身体の重心バランスの崩れ」です。

身体の重心バランスの崩れから始まり、あなたの身体では下記の流れで坐骨神経痛を引き起こしているのです。

身体の重心バランスの崩れが坐骨神経痛につながる流れ

  1. 身体の重心バランスが崩れる
     ↓
  2. 重心が特定の部位にかかってしまう
     ↓
  3. 骨盤がゆがんだり、筋肉が緊張硬結する
     ↓
  4. そのせいで坐骨神経が刺激圧迫される
     ↓
  5. 強い痛みやシビレで悩まされる

では、どうして身体の重心バランスが崩れてしまうのでしょうか。

この原因も様々で、骨盤や股関節、足首がゆがんだり、腸腰筋や背骨周りが緊張したり。
また内臓の不調や脳の誤作動なども、身体が重心バランスを崩す原因になるのです。

このように、坐骨神経痛の本当に原因は、患部にないことが多く、それを見極める必要があります。
それを行うのが、もも整骨院です。

坐骨神経痛、こんな治療は要注意

今現在あなたの受けている治療・療法
間違っている可能性があります

坐骨神経痛の痛みを和らげたり、症状を改善させるために行う治療法。

アプローチできる治療法はいくつもありますが、なかには逆効果の場合も。
坐骨神経痛の症状の程度や、ご自身の生活環境などを考え、治療法は慎重に選ぶ必要があるんです。

次に紹介する6つのアプローチは、坐骨神経痛にとって逆効果の場合があるため、注意しましょう。

1. コルセットをする

コルセットは腰の動きの制限を目的とします。
良い場合もありますが、腰の動きを制限すると腰椎、筋肉にストレスがかかり坐骨神経に負担がかかる場合があります。

その他にも、長期間のコルセットは筋力の低下を引き起こしたり、もともとの腰の弯曲に悪影響をもたらすことも考えられます。

2. 牽引療法

腰椎の隙間が圧迫されて、椎間板に負担をかけるのを減らすため、腰を引っ張って隙間を取り戻す治療法です。

病院の外来でこの治療を受けても、日常生活ではすぐにもとに戻ってしまいます。
それどころか、無理に引っ張ることで筋肉が緊張してしまい、身体の重心バランスが崩れることも考えられるので要注意です。

3. 温熱療法

温熱療法とは、その名のとおり、痛い場所を温めて治療する方法。

ただ、痛みの強いときは炎症が起きているため、熱を持っている状態です。
そこを温めてしまっては、火に油を注ぐようなものですよね。

慢性的な痛みや、和らいできた痛みには有効な温熱療法ですが、初期の急な痛みには向かないといえるでしょう。

4. マッサージ

マッサージをすると得られる「気持ちいい」という感覚。
あの感覚は、治った、というわけではないので注意が必要です。

人間の体は外部からうける刺激に対して身を守る「防御反応」を持っています。
マッサージを過度に受けてしまうと、筋肉が毛細血管に防御反応が働き、逆効果となる場合があるんです。

 また、ツボの流れを閉ざしてしまうこともあり、マッサージによって体調不良となる可能性もあります。
マッサージは治療ではなく、身体を癒やす目的で使うのがオススメです。

5. 湿布・鎮痛剤・ブロック注射

日本の風潮として、「ケガや病気はお薬と湿布で治す」というものがありますね。

確かにブロック注射や痛み止めの薬を飲めば一時的には楽になります。
ただそれは、圧迫している神経を治しているわけではなく、痛みやしびれを麻痺によって分からなくさせているだけ。
薬の作用が切れると、同じような痛みがぶり返してしまうのです。

根本改善を求めるのであれば、湿布や鎮痛剤だけに頼るのではなく、原因から改善することが重要になります。

6. 手術

手術は病院で行える最終の治療法。

飛び出しているヘルニアや狭まった脊柱管を手術することは、たしかに原因の除去にはなります。
ただ、手術をすべき方は椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄と診断された方の10%ぐらいです。
また手術をしても、思ったように痛みやしびれが改善しなかったというケースもあります。

病院に勧められたからといってすぐに決断はせず、まずは色々な治療法を考えることが重要です。

坐骨神経痛で悩んだら葛西のもも整骨院に相談を

坐骨神経痛の原因は本当に様々。
だからこそ、今の痛みやしびれに直接アプローチする方法だけでなく、根本的な原因である「身体の重心バランスの崩れ」を疑うべきでしょう。

坐骨神経痛に悩んで当院に来られた方でも、身体の重心バランスを整えることで笑顔に戻れた方がたくさんいらっしゃいます。

「朝起きたときに腰の痛みがなくなり、気持ちのいい朝が迎えられた」
「頭痛の回数が減ったのが嬉しい」
「気持ちにゆとりができて、家族に優しくなれた」

このような嬉しいお声をいただきました。

坐骨神経痛と診断されて、不安な気持ちを抱えていたり、痛みやしびれに苦しんでいたりする方。
ぜひ一度、もも整骨院まで相談してください。